8年目

7年目←8年目→9年目

ビクトリー(勝木)
  • 50期生
先生。48期イサミンのサブ垢の特定を見事果たし、イサミンの本性を暴いた。鉱物ガチ班だが化石巡検もよく行く。相性が良い相手の存在確率は1/361828 自採した黒曜石で石器を作るため、今はガラス瓶の底で石器製作中。副会長に就任していた。バイク乗り。

お早川さん
  • 50期生
ダシにされた奇妙なばんみのる氏。137mm。自称157m。ボンタンアメを携帯しつつ寒いと連呼する機械系女子。まさにマンガ。秋っぽい名前なのに1月生まれ。春夏に絵を描き秋冬に化石を採る。さらに春には黄金の実を結び、秋には岸辺に花ひらく。どこの岸辺かというと皆のTLを滔々と流れる川の岸辺。岸辺では絵と化石との反復横跳びをしている。お父さまによるサ館案内によってシュマを知ってしまう。イサミンを崇拝しているらしい。厳しいツッコミをウリにしているが、1人モナカを食べるなど隙だらけ。88111。サンシャインばんみのる氏としてガキ使に出演。イェーーーーイ!!!「北大なにやってるかわからない三大公認サークル」のうちの二つ、シュマと黒百合に所属しており「絶学会」への入会が待たれる。特技は体操で、泥まみれになりながら命を賭けて崖で演技を披露してくれる。「屈伸一回点半後転G難度尻餅と真顔による加点」。ズルッゴロンッズチャッビチャッモォーーーー!イェーーーーーーイ!!!ちょろい。権力がある人に惚れがち。

日比野層群
  • 50期生
崖にアンモが刺さっていることはすぐに教えてくれるのにキュンときたエピソードだけは頑なに教えようとしない(最終的には教えてくれる)。特技はenrbと瞑想。独楽新流派日比野流の開祖。「もろたで!」が口癖で常にもろうてやろうとスキを狙っている。限界アンモ語録にオチを付けてくれる。結果的にノジュールと添い寝することになったらしい。ラプトル同好会に入会したがっている。ヒビノ会会長兼ヒビノ兼元シュマの会会長。名前を刻まれがち。ゲリラ豪雨のドラム兼ドリーム。流木サークル”流”会長。実は1番ふざけてる。わくわくランド園長。落とし穴にはまりがち。調査兵団としての記憶を取り戻し、壁を建設することを決めた。竜田揚げの勉強をする。2段ジャンプができるらしい。破壊したアンモに対して謝罪会見を行う。開錠者(KeyMaster) 江別王国三賢人の一人。ちらし寿司作りの優先順位が高い。ラーメン大将食べ放題選手権初代王者。悪の組織ハクア団のボス。

神野さん
  • 50期生
ゆきとしの手先。フォローの鬼。隙あらば満面の笑みと共に焼酎を嗜む。けだし産湯は焼酎ロック。十字架をよくきっている。松への執念がすごい。イケメン。火星写真家(仮)。松に顔を出すと、神野さんがカウンターに必ずいる。

  • 最終更新:2023-05-16 20:07:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード