第20回中川巡検&第3回幌加内巡検&第2回岩見沢巡検140913-15

概要

ヤラ夫(ryohei氏)襲☆来

メンバー

ヤラオ・ゲイ(guest)、上様(キャナドまっしぐら)、姐さん、カクタニ

12日夜

  • バイト終わりのカクタニを22:00に拾って、上様、パラダさん、姐さんで将軍へ
    • 国士無双の圧倒的存在感

  • 姐さんの手足の腫れと痒みが気掛かり

  • 後輩さんを連れ込んだryohei氏を松で拾って出発
    • ryohei氏は少し飲酒をキメてきたようだ
    • ギルティ

  • 真っ暗な車中でおもむろにカラフルな棒を取り出してヤラシイ手つきで弄り始めるryohei氏
    • 右手にはとんがりコーン
      • ryohei氏「ヤラシイは褒め言葉」
      • 「「「ryohei氏ヤラい! ヤラオ!」」」
      • 触診の時の手がヤラオ

  • 姐「なんでマジック始めたんですか?モテたかったんですか??」
    • 姐「で、モテましたか???」
    • 返事はお察しの通りです

  • その後もことあるごとに『やらい棒』を弄る

  • めずらしくうえDが夜中でも機能して運転している
    • 一方助手席で寝ているやら夫氏
    • 姐さん「おい役立たず」

  • ロッジに5時ごろ着。上様は車内で、他はロッジで2時間ほどの仮眠
    • 姐「何時起きでもいいですけど、上様が起こしてね」

13日

  • 7時起床。のはずだったが、誰一人起きて来ず結局上様が全員を起こす羽目に

  • セコマと道の駅を経由、enrbへ
    • やらい棒を弄るヤラオ氏
  • 空模様がかなり怪しくなってくる
    • というか雨
    • 「やらい棒ずっといじくってるから~~~!!!」

  • 林道を走っているとトラックが…
    • 回れ右

  • 気を取り直してskの学校の沢へ
    • 既に10時ごろ
    • 上様のアシンメトリーな巡検着

  • 下流から入渓
  • ぽつぽつ割ったり砂防登ったり
  • ガスガスと思いきや緑色の保存のものがたまにあったり
  • 上流のはこぶちまで行きたいうえD

  • 爪跡までくっきりなクマさんの足跡
    • 上様「あともう一つ見つけたら引き返そう」
  • 爪跡までくっきりなクマさんの大きな足跡の横には小さな足跡が
    • 回れ右

  • でも枝沢もがっつり見る
    • そこそこ詰まったところで引き返す

  • ぽんぴらへ
    • 暫く寝る4人
    • 晩御飯もぽんぴらで
  • けっこう混んでる
    • 店員「注文を揃えていただけると早くお出しすることができます」
      • もちろん無視して全員違うものを頼む
    • うどんが意外と関西ぽい byヤラオ氏&カクタニ

  • スーパーで四割引のパンと、主上の靴の応急処置キットを買う

  • ロッジに戻り、翌日に備えて早々に眠ることに
    • 隣のライダーさんの実に快適そうな寝息に無意識に距離を置くカクタニ

  • 姐「明日は何時起きですか?」
    • 上「…4時で」
      • もちろん自分で起きる気はない姐「わかりました。起こしてね」

14日

  • 4時起床。割と皆さん眠れたようでよかった。
    • 寒すぎワロタ
    • 末端が温まらなくて冷え症つらい

  • 美深のセブンで朝ご飯
    • 元気な姐とドライバーチェンジ

  • 入林申請に幌加内の市街まで
    • そして更に朱鞠内へ
      • カーナビ「これから景色のいい道を走ります」
      • いつもと変わらぬ低い山と野原と低木

  • エゥリンショで申請を行い、shuma rni川へ
    • 復活したうえDとチェンジ

  • 8時ごろ着
    • 限りなく社用車っぽい二台
      • 日曜日だぞ…
  • ゲートはやはり工事中のため番号が変えられており開かず
    • 歩く

  • 裂けた沢靴を縫い直す上様
  • 冷えた汚物を着たくない姐さん
  • 上様の胸(B)をどうしても触りたいヤラオ氏
  • ロッジで洗った巡検着を快適に(やや寒)着るカクタニ
    • 姐さん「ごめんね、巡検行く気ない先輩たちで」

  • 5.6km歩く。5.6km歩く(大事なことなので二回ry

  • 入渓後すぐ露頭。姐さんやヤラオ氏が入ってるノジュールを発見

  • そして目の前に広がる絶望的な泥
    • ダムみたいになってる
    • この前の雨で木々を薙ぎ倒しながら流れてきたらしい
  • 沈む沈む、しかし進む
  • 追い打ちをかけるように深い箇所も
    • 「「「ぽんつ!!!」」」
    • カクタニ「……私防水です」

  • ノジュール…が…な………い…?
    • いやまさかあの距離を歩いてここで引き返すのは…!!

  • ヤラオ氏の猛進
  • のんびり昼食を取る姐さんとカクタニ

  • その後も上の方まで進むが、化石はあまり出ず…
  • ヤラオ氏が執念ででかいのをひとつ見つける

  • 脱渓まで約1時間。気にするタイムキーパーカクタニ
  • 撤退

  • 帰りも泥沼を渡り…下着を犠牲にし…
    • 5.6km歩く
    • ヤラオ氏「来年来る頃にはカクタニさんもカクタニさんじゃなくなってるんやろうなー」
    • カクタニ「あだ名付きますかねぇ…」
    • 姐さん「え?う○こちゃんじゃないの」
      • う○こちゃんと連呼され真っ青なカクタニ

  • 脱渓。総距離約18km
    • ほぼボウズ+疲労で死んでる一行

  • 一旦帰札することに

  • 旭川市まで下りて、ラマイでカレーを
    • …ん?暗い。やってない…?
      • 引き返してよく見るとやってました
      • 案外人多い
    • カメラを向けるとスプーンで視力検査のアレする上様と姐さん
    • ヤラ夫氏「ブヒッ(恥)」
  • とりあえずwikiを編集しまくって遊ぶ

  • 旭川の高砂温泉とやらへ
    • 遅く(深夜1時)までやっているという理由による選定
    • 見た目年季入ってる+若干の胡散臭さ
      • ここからが14日の本番だった…

  • 玄関からしてよくわからないものだらけ
    • ばっきばきの亀甲石
    • 銃創露わな鹿の剥製
    • ショーケースの中

  • お風呂
    • やたら細かく割られてる空間
    • 灯篭があったかと思えばミニチュアミロのビーナス
    • 素人の絵
    • オゾン風呂「オゾンの効果で美白」
      • ……漂白…?
    • 漢方風呂
    • イオン風呂(狭い)
    • 露天風呂は二階でございます
      • 階段を登るとお化け屋敷並みにいきなり点灯するサンライト(蛾付き)
    • プールコーナーの子どもを呼ぶための覗き穴
    • 露天風呂「別府を意識した」
      • なんか天井に蔦が絡まってる
    • プールコーナー女湯ver「必ず水着を着て入ってください。もし男性が入ってきたら係員にお知らせください。注意します」
    • プールコーナー男湯ver「できれば水着を着てね。必ず水着を着てね(手書き)」

  • 結局どれが温泉なのかわからずじまい
    • 胡散臭いとはこういうこと
      • しかし旭川市民には愛されているようだ
    • 夜景は綺麗だった
  • ネタ的にはオススメしておきます

  • ヤラオ氏のやらい棒を弄りたみは止まらない

  • 帰札
    • ヤラオ氏はいるまさん邸へ
      • これが後に惨事を呼ぶ
    • 上様はザキヤマさん邸へ

15日


  • 8時前後に各家を回って全員回収

  • 三笠へ
    • なんか踊ってるカエルがいる inガソリンスタンド

  • 岩見沢のpnprmiに入渓
    • 林道は心臓破りの斜面
    • 昨日と違って入渓楽だなぁ()

  • ノジュールがあまり…
    • たまに木屑が入ったものを見つけるが芳しくない

  • 沢登り
    • 急斜面をすいすい越えていく姐さん
    • 上様「沢靴に限界を感じた」

  • ひとつも見つけられぬまま、只管沢登り

  • よさげなのをひとつ見つけるカクタニ
    • ヤラオ氏「入ってるならこれやろ」
    • 割れない、相当硬いというか分散される
  • ヤラオ氏がハンマーでがっつり割るも結局…

  • 早々に脱渓
    • ツーリングの方々が上様の生着替えをじろじろ見て行く

  • 万字温泉に行こう
    • しかし場所がイマイチわからない
    • 上様「なんかここ車通ったぽい」
      • 大分荒廃した感じの………
    • モソモソ(カクタニ談)入ってみるがすぐ阻まれる
      • モソモソに疑問を持つヤラオ氏
  • 撤退

  • カクタニ「やっぱりあの先にはないんでしょうか」
  • 「「「いやwwwwwあれはないやろwww」」」

  • 姐さんのシロクマ食べたいとの一言でシロクマ食べにいくことに
    • セブンのいちごしろくま、値上がりで300円と割高ではありますが、最高のやつです。おすすめ(姐)
    • ヤラ夫氏だけガツンとぶどうのアイスバー
  • 視界が二重になってきた上
    • 姐と運転交代
  • 爆睡する上様、しかし目と口が盛大に開いてます
    • とりあえず写真撮ってシュマラインに上げておく

  • 地ゼミ会のリトルボーイ、ヤラオ・ゲイ

  • どうせ早く帰るなら、最終日のミネラルショーを見に行きたい
    • ファクトリーの駐車場に停めて、テレビ塔へ
  • おばさん「これ予告です。来年来てくださいね」
    • ん?
    • 去年より終了時刻が1時間早まっているという誤算により撤退
      • っていうかHPが去年のままってどゆこと
  • 泣く泣くオータムフェストを見ることに
    • ミネラルショーのチラシを押し付け合う一同
  • 結局あんまりめぼしいものが見つからない&人混みにより何も食べずに引き返す
  • やら夫氏を札幌駅まで送る
    • 1時間超えてたけど駐車料、無料だった(謎)
    • よくわかんないけどやったね

  • さようなら、ヤラ夫(ryohei氏)
    • またのお越しをお待ちしております

  • 残りのメンバーで夕食
    • タイ料理が食べたい!
    • 琴似にあるお店へ
  • 「すいませんが、予約で満席でして…」
    • f☆ck
  • 結局tttへ
    • いっぱい食べる
    • 牛丼おいしい
    • チョコバナナを押し付け合う上とカクタニちゃん

  • 各自を送って解散

総評

ヤラ夫氏(いるま邸にとんがりコーン忘れて東北より絶叫)はシュマにおいてもいじられキャラとしての確固たる地位を築いたようだ。
三上氏へ 来年のリーサイ"観察"は400個の沢にしよう

  • 最終更新:2014-09-23 21:55:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード