第2回芦別巡検121111

1年目諸君、さぁ、書くがいい

概要

  • 今年最後の巡検になるんじゃないだろうか
    • なら行くしかない

メンバー

  • iさん(S)、まんべさん(無傷)、松(S)、ケケ(S)、梅(S)
    • 前日のSの香りをわずかに引きずる4名

日時

  • 11.11
    • ポッキーの日だったらしい

場所

  • 前回(6/2,9/15)と同じく、詳しいぞ。おススメの沢へ
    • ほどほどにしてFKDにも行ってしまおう計画

出発

    • 帝のマーチのフロントガラスが凍ったとの文が届く
      • 本気で朝ドラも辞さない事態
      • 帰りの路面状況に一抹の不安を抱く
  • 時間裏で全員と合流
    • トランクを閉める際に若干神経質になる一行
      • 残された傷跡は深いようだ
  • セブン、セコマを経由し三笠へ
  • 募る不安
    • 山間に入ると…
    • 「日陰の葉っぱに霜降りてね?」
      • 圧倒的季節感
      • 帰りの路面状況
    • 駐車地点で車を止めると…
    • 「水たまり凍ってね?」
      • 路面
  • 駐車地点手前
    • なんかシカの頭みたいなのなかった?
      • 確かになんか毛むくじゃらの塊が落ちてた気がする
    • でかい学祭プロダクツも
      • こんなん、熊か便秘の鹿かの2択
      • きっと後者
  • あとで確認することにして沢へ

巡検

  • 入渓
    • 入渓のしやすさに定評
    • 水量も問題なし。若干冷たいくらいか
    • ノジュールも探すのに苦労しなかった
    • 6月は苔がすごかったが、今度は落ち葉がひどい
      • 水中のノジュールの見にくさにおいてはより悪化した印象がある
  • 珍しく割跡がある
    • その割には出てきた気がする
  • 帝が前回出したすごい奴の雌型が
    • すげぇ…
      • 場数の違いをまざまざと見せつけられる
  • クラックを常用し始めるまっつもー
  • 3連アナゴの時の負債を取り戻そうと俄然やる気のバイソン
    • 破片ばっかり
      • 牛「ここの沢は相性が悪いですね」
  • よさげなノジュールを割るまっつもー
    • 粉砕
  • エスティングをふるい続けるあまり、握力が5になるiさん
    • iさん「三回ほどエスティングがすっぽ抜けてった」
  • iが全握力を懸けても白い跡しか付けられなかったノジュールを数分で粉々にする松
    • その様子を聞いた帝がiに対し一言
      • 帝「女子か」
      • 2年前の、まだ女子だった頃のまんべさんが懐かしい…
  • 池があったと思うからそこまで行って引き返すことに
    • ない
      • ほかの沢だった疑惑
      • いや、鉄砲水起きたやつだね
  • ぼちぼち引き返す
  • 新ジャンル"住房キャラ"確立への期待を一身に背負うケケ
    • 割れない事を歳のせいにしようとする昭和世代
      • 松「住房マダー?」
      • 結局先が続いてる様子で総スカンを食らう
      • 気室を粉々にして、住房しかなかった事にするくらいの気概が欲しかった
  • FKDなんてなかった
    • 不完全燃焼の松&牛
  • あの毛むくじゃらの塊は
    • やっぱしシカの頭部でした
      • なんでそんなものが転がってるのかは誰も深く追及しなかった

温泉

  • 湯の元へ
    • 何故か混んでいる
      • 何かあったのだろうか
  • カメムシも大挙して暖を取りに来ている
    • 隠し切れない嫌悪感をかもし出す松
      • 高校の冬を思い出し懐かしがるケケ
  • 一般的な虫が嫌いな女性について
  • シュマメンバーの血液型について
  • ジャンで発揮される帝の灘らしさに圧倒されるケケ&iさん
    • ごっつぁんです!

大将

  • 昔の巡検話で盛り上がるiさん&まんべ
    • まんべの女子エピソード
      • あの頃はiさんと紳士にずいぶんお世話になりました
      • 紳士に関しては今も露頭ではかなりお世話になってますが…
    • 行きたかった巡検と今回の「女子か」の対比
    • まっつもー「そんなまんべさん想像できないっすね」
      • うっせ!
  • 若ガリを主張する声は黙殺された
  • 巡検のない冬季を嘆く松藻
    • かなりさびしそう
      • 松「巡検いきてぇ」
      • ケケ「え、もう?早すぎでしょ」
      • iさん&帝「沢を出た時点でああ巡検いきてーって思うよ」
      • 踏み重ねると飢餓感が増す場数がある
  • とある現場の体験談
    • ただただ頭が下がる思いでした
    • 踏み重ねた人が尊敬されていく場数もあります
      • N町の医療の前途は明るい
  • ごっつぁんでした!

総評

  • 巡検のない冬をどう生き抜くかが課題
    • 冬季鬱には十分気をつけよう
  • 「11月でも普通に巡検できる」ことを証明した良くない前例
    • 巡検お休み期間がついに3か月まで短縮された
  • wikiの記録は記憶との戦い
    • 訂正&補完お願いします
      • 予想をはるかに超えるクオリティでした

  • 最終更新:2012-11-20 11:48:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード