第17回中川巡検140827-28

概要

前日の第5回夕張巡検で誰かが言った「N川行きたくね?」ですべては始まった

メンバー

UED(アルティメットエロ大臣)、化石大臣、三上氏、姐

26日夜

  • 弟子を送ってきた大臣を江別で回収
    • 全員が巡検後でN川へ
  • 岩見沢のセコマで夕食
  • どこかでウエディがくたばって三上氏にドライヴァーチェンジ
  • 旭川トライアルで食糧の買い出し
    • 寒すぎワロタ
  • 名寄の道の駅で大臣にチェンジ
  • 午前3時ごろとかに着いた気がする

27日

  • rbsbへ
    • 前日におっちゃんが2人入ったらしい
  • ぽりぽり出る
    • 割と入渓してすぐにウェディオンがパキとテシオ入りのノジュールを見つける
  • UED「りょうへい氏みたいなところ刺されちゃったよ~」
    • 匿名希望「りょうへい氏みたいなところ、もうりょうへい氏って呼んだら」
    • それから「りょうへい氏かゆいわ~」「いった、ノジュールの破片がりょうへい氏に」みたいな発言が度々なされておりました
  • 二股は左へ
    • 上流は下流ほど濃くない
  • 生パキの露頭でパキがひとつ頭を出しているのを三上氏が発見
  • みんなで露頭を掘り始める
    • うぇでぃが40cmくらいの保存の良好のパキを掘り当てる
      • がもろすぎて無惨な姿に
    • 結構な崩落を起こす姐
  • 大臣、姐さんも無惨な姿のパキを掘り当てる
  • ほどほどに遊んで、下流へ
  • 二股の右側を見てみる
    • 砂岩パキを見つけるUED
    • 現地クリーニングをするも、硬い
  • 日没時刻も近いのでだっkを急ぐ
    • ひとりだけ疲労がすごいウエD
  • 悲劇はもうすぐ
  • ふと、振り返ると、最後尾のウエディオンの左足(タイツ)がむき出しになっている
    • どうやらついに天寿を全うしたらしい
  • アバンギャルドなアシンメトリー巡検スタイルにrbsbが沸く
    • 夕日で後光が射すアバンギャルドUED
  • パキとテシオを回収し、さらに重くなるうえD
    • 破れたズボンでテシオを包む
  • 入渓点からだっkして藪漕ぎ
  • 車着、pnprへ
  • きりゅーでご飯を食べたい
    • 満席(じゃないけど)を理由に断られる(一部の人は2回目)
  • 泣きながらレストランささきに行く
    • まいう!!
  • おばちゃんが飯をサービスしてくれる
    • ごっつぁんです!!
  • セコマで買い出ししてロッジで就寝

28日

  • 5時ぐらいに起きた気がする
  • ダニへ
    • 6時には入渓してた気がする
  • 小さい沢の割にまあまあ増水してる
  • 出ない
  • 上様がなんか出す
    • すごい!セノマニアンモだ!
  • 大臣がポリプチを出す
    • あれ…?
  • 二股を右にしばらく行くが、ついにノジュールがなくなったので飽きてkykwに行くことにする
  • 上様が割り跡を確認する
    • 大臣「あれ、この長いのは何ですかね」
  • 2時間で巡検終了
  • kykwへ
  • うえD「ふと露頭を見ると、そこにはパキが!ウホッ良いパキ!するとそのパキはおもむろに露頭を崩し始めたのだ!『掘らないか』」
    • ※掘らないかはパキの台詞です
  • 肝心のkykwはと言うと
    • 人が入りすぎている感
  • 上の出るところは倒木が危なくて近づけない
  • あっついしセノマで精神も削られてやる気がしない一同
    • 大臣は沢も見てきたけどなにもなかったようだ
  • 林道の奥も見てみる
    • 一応出ることを確認してだっk
  • 11時には巡検終了
  • しばし駐車場でダラダラする
    • 寝転がって腹のないアリをおもしろがる三上氏
  • 11時半ごろ一路留萌に向かう
  • 申請の件で
    • 地質調査と言った瞬間エゥリンショ内がざわつく
      • 全部obrのせい
    • もうよくなーい?
  • あったまーるへ
    • 休憩室で大臣の車を回収しなければならないことを思い出す
  • カーナビルーファイにより望来あたりで内陸向かう道に入る
    • これが悲劇を呼ぶことになる
  • 後が荷物で見えない中、突然サイレンが聞こえる
    • ウェディオン、覆面のフォレスターにしょっぴかれる
      • 18kmオーバー
  • 激萎えの車内
    • ウエD「なぐさめろよ〜もっとなぐさめろよ〜」
  • 慰安会@松
    • 久々の絡みオレンジジュース発揮
    • 結局いつも通りの飲み会だった

総評

非常にあたまがわるくてたのしい巡検でした

  • 最終更新:2014-09-15 21:56:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード