第1回鉱物巡検130429

概要

  • せっかく鉱物に関心のある新入生が入ってきたんだから早く鉱物巡検に行きたい
  • 手稲でゆるめな巡検をしようと思ったが、結構本気な巡検になったかもしれない

メンバー

T田さん、入間さん、!さん、小T田、成田さん、サコンさん、かっしー、今井、榎枝、山口、山崎

道程

小T田を除く二年目と一年目達はバスで目的地まで行くため、札幌駅に集合。
  • 皆時間通りに来たので驚く。
バスで一時間ほど揺られて目的地に到着。
  • T田さんと!さんは既に到着していた。入間さんも一緒。小T田ももういた。

巡検

小T田が先導して山に登っていく。
  • 道であるべき所は雪が解けているが、そうでないところはまだ雪深い
歩いて歩いて歩いて……

まずは黄金沢のズリを漁りに行く
  • 道無き道を進む。雪に覆われた斜面を這い上がって雪が解けているところに到着
  • 紫水晶、水晶、黄鉄鉱等々を発見
ご飯を食べた後、別の所にも行くことに
雪山を滑り落ちる人々
  • 川縁まで下りる小T田、かっしー、榎枝
    • T田さんと山崎もいた?

去年行ったあたりに行く
  • 迂回しない迂回路を登る
着いたはいいが雪に覆われている。川には入れそうにない。
露頭を掘る人々
  • ごろごろ立派な水晶の晶洞が
尾根を越えて行くT田さん、小T田、かっしー
  • テイネイトないかなー……
    • テルルさえ無い
露頭の晶洞を採り満足したところで坑道跡へ

小川を下り、急流を渡り、坑道跡へと登っていく
  • 本当はゆるい巡検のつもりだったので装備が足りていない人も……
雪が積もっていて川が出てない!
  • ボロボロな坑道入口
    • 入ったら戻ってこられなさそう
諦めて帰る


  • 最終更新:2013-05-04 19:16:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード