第1回鉱物巡検

概要

新入生を連れて鉱物巡検に行きたかったエノエダは産出量が多くて楽なOe鉱山と、山の向こうのIn鉱山探査に行くことにした。

メンバー

バイソンさん、榎枝、ザキヤマ、小川、江原

前日

  • lineで
    • ザキヤマ「サ館にmyハンマー取りに行くの忘れた...クラックハンマーは一応持っていく」
    • エノエダ「絶対オーバースペックだけど、ハンマー2本しか借りてないからよろしく」

道中

  • 天気微妙...雨が降らないだけましか

  • 余市周辺はパトカーが異様に多かった

  • 山道にて
    • バイソンさん「あれ、SSHだ」
      エノエダ「SSHってなんですか?」
      →スーパーサイエンスハイスクールではない

Oe鉱山

  • 快晴だしむしろ暑い

  • ブヨだらけ
    • 防虫装備なんて誰も持ってない
    • 一か所にとどまっているとやばい

  • 鉱石の数かなり減ってる
    • 結晶の大きなものはほとんどなかった。大体塊状。
    • ハイエナ続出

  • エノエダ「鉱石ないなー更新とかないからなー」
    小川「地中からわきあがってくるとか...」
    • ある意味その通りだった

  • 閃亜鉛鉱がびっしり入った50cmほどの鉱石が埋まっていた。
    • がんばって掘り出してみたけどでかすぎでうまく割れない

  • ザキヤマクラック大活躍
    • ザキヤマ「俺から離れろ!!」
      にもかかわらずバイソンさんが破片をくらってた


  • ものすごく美しい縞模様の鉱石だった
    • 江原さん「表現する言葉が見つからない...」
    • 最高級のもの3つはシュマ鉱物班の活動の証としてサ館に飾ることにした

  • あとの破片はジャンで分配
    • 価値観の急激なインフレが起こる
    • でも置いていくくらいなら持っていく!!

  • ザキヤマ「俺の鉱物巡検もうエンドロールが流れてるわ...」
    • 実際、あれがOe鉱山の最高潮な気がする...


Oe鉱山→In鉱山

  • 山道を下っているとタモ網をもった若い集団が道端にいた
    • むしけんだったー

  • 仁木のセコマで昼飯
    • 江原さんの昼食の量...
    • エノエダ「それってキャラ作りのためにやってるの?」
      エハラ「そんな無駄なことしません」

  • バイソンさんの希望により魚屋さんに寄る
    • バイソンさんはヒラツメガニを購入。地元で消費されることが多く、札幌までは出回らないカニだそうだ。エノエダとエハラさんもバイソンさんから安く譲ってもらった。

In鉱山

  • Oe鉱山の裏の鉱山である

  • やっぱりSSHがUDとってる

  • 林道の途中に車を止めて歩いて探索

  • 菱マンガン鉱石あるが結晶化してない
  • 綺麗な縞めのうが落ちてる
    • むしろそれを拾った

  • UDを採るバイソンさん

  • さらに進むと大路頭が見えてきた
    • 大路頭というか巨大な壁
    • マンガン鉱物の黒い脈が見えている

  • 壁の写真を撮りまくる小川さん「壁と青空のコントラストがいい!」
 
  • めぼしい石はほとんどないが、たまに毒々しい赤と緑色の石があり、めのうの脈が走っている。
  • 脈の下のマンガン鉱物の転石は中までまっくろで結晶は一つも無かった
 
  • 危ないのであまり近づかずに撤退

  • ぼろぼろの小屋みたいなものがあったので覗いてみる
    • 空段ボール「3号桐ダイナマイト」
      赤い空箱「火薬」
    • 壁ドン...


18時ごろに帰札、みゆきちゃん食堂で晩飯後解散

総評

  • Oe鉱山の本気を見た。ただ、鉱石は確実に無くなっているようである。
  • In鉱山の本体は壁だった。次来た時はもっとじっくり探査したい。
  • 草も無く、ブヨの出現を除けば非常に快適な巡検だった。

  • 最終更新:2015-05-17 15:46:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード