秋葉原~幕張メッセ巡検

東京で不意に暇になってしまった井上によって企画された、社会人参加型のイベントである

参加者

望月さん、岩城さん、俺

冷やかし

えひめさん

8月24日

集合

  • 足尾銅山巡検を終えて東京に向かう予定だった俺は、余裕をもって東京駅に19時集合にしたはずだった
  • 実際の東京駅到着時間(到着順)
    • 望月さん~19時10分
    • 俺~~~~19時50分
    • 岩城さん~20時15分
  • とても往年のシュマらし過ぎる

東京駅

  • 瞬時に適当に店を決める岩城さん
    • 割といいものを出す系の居酒屋
  • 酒は適度に
    • 角煮やヘシコや茶漬けや刺身などを喰らう
  • 先輩らはそれぞれどんな仕事をしているか知らなかったようで、そんな話
    • とりあえず望月さんは来月からグリズリーやコヨーテを相手にしてくるらしい
    • 二人とも、自分の専門を仕事にしてるんだなー

  • 翌日に遊ぶ予定だった友達が昼から出勤となってしまい、午後から暇になってしまった俺
    • もしかしてと聞いてみると、むしろ翌日の方が時間があるというお二方
    • 幕張メッセ巡検が決定
  • 22時くらいまでしかいれないという岩城さんを見送る
    • どうやら神奈川は遠いらしい
    • 学生として会うのは最後だろうと、とても奢ってもらった
    • そして望月さんは、社会人としての初給料日であった
      • 望月さん「なんかこう色々狙いすましたような日程で大変アレですが」

秋葉原駅

  • 最早ほぼ泊まりに行くだけの予定となった友達に会う時間(1時)までしばらくあったのだが、望月さんが暇つぶしに付き合ってくれた
    • ほぼ迷いなく秋葉原へ
  • これを機にしたかった縫合線とか隔壁トークを繰り広げながら、秋葉原を練り歩く
    • 「これは○○○的に○せられるじゃないかと」「あまりに○○的だと思うんです」「○○的な○○○○○○○とか沢山いるじゃないですか」「これは○○○じゃないかと」「○○で言うところの○○○○的なもので説明出来るのではと思うんです」
    • 望月さんがとても好意的に捉えてくれて、これは行けるんじゃないかと自信を持ちそうになる
  • 歩きっぱなしもなんだということで、出来るだけ健全そうなメイド喫茶を選んで入店
    • おそらくAKBなどの話題で賑わっていた店内において、ひたすらに縫合線&隔壁トークを繰り広げ続ける
    • 「これは!」「つまり!」「結晶の構造が!」「ここは一体どうなって…?」「それは!」
  • 確実に浮いていた
  • そして健全な店でよかったと思いながら、一旦それぞれの帰路へ

8月25日

幕張メッセ

  • 勿論わかってるとは思いますが、恐竜博がやっているんです
    • お昼喰ったくらいの時間に現地集合
  • 各々のスタイルで恐竜博を楽しむ3人
    • ひたすらに、恐竜以外の化石の写真記録をする望月さん
    • それにしばらく随行する俺
    • 単独行動の岩城さん
      • 恐竜の骨を支えている金属製の棒の素材や作製方法や価格が気になっていたらしい
  • アンモナイトが少な過ぎる(4~5個)
    • それを補うつもりなのか、ハケで砂をかき分けて化石を発掘するアレが、色んなアンモナイトだった
    • 色々と謎過ぎるアトラクションであった
  • 出口付近でワケくんに遭遇
    • 正直、30%くらいの確率で出くわすんじゃないかとは予測していた
    • 限定フィギュアを買えなくて悔しかったとかそんなことを言っていたと思う
    • 帰りの飛行機に間に合うぎりぎりくらいまで

秋葉原駅

  • 岩城さん、往年の秋葉原って感じのところで、よくわからない部品群を買い漁る
  • 岩城さん、迷子
  • 岩城さん、給料をおろす
  • 岩城さん、またも瞬時に適当に店を決める
  • 牛タンと麦トロのお店
    • 旨い
    • またもとても奢ってもらった
    • 縫合線と隔壁トークはここで最高潮を迎えたと思う
      • 「こことここがあれでそこがあーで、こうなったらこうなってそしたらこっちがこうなって!!」
    • 岩城さんを幾分置いてけぼりにした感はある
  • しかし飯の後は、飛行機模型や零・超兄貴などを買い漁り、満足したらしかった
    • 早く愛でたいらしく、颯爽と帰っていった

  • そして帰りの夜行バスまでやはり時間がある俺は、また望月さんに時間つぶしをしてもらった
    • 前日の系列店
    • 例のトークは既にひと段落ついていたので、サービスを忘れられるのはある意味でのサービス(ドジっ娘)なのかと話したり、メイドさんにむちゃぶりしたりしていた

今回印象に残った会話

望月さん「(井上は)まったくアカデミック出る気無いよね」
岩城さん「無いねー」
俺   「お二人はどうやって脱出する気になったんですか?」
望月さん「後輩がいい就職先を見付けてきて」
岩城さん「先輩がいい就職先を見付けてきて」

・・・次の次に会う時には稼ぎのある身にはなっていようと思う。

  • 最終更新:2012-08-28 23:55:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード