学祭中川2014キャラバンバン編

概要

毎年恒例学祭期間を利用して行われる中川巡検前半組の記録である。

メンバー

パラダさん、姐さん、カシオレ、アシメントリーキタジマ、ゆる雄、オザーッス、板倉さん、多喜田くん

4日(水)夜

  • 8時半に時館裏集合
    • トンネル通行止めを考慮して内陸から留萌経由でオロロンへ
  • 運転手はユル=ユルオ
  • エアー後部座席で振動と戦うキャプテン
    • 一通り落ち着いたところで勉強してきたキャプテンが成果を披露。頑張ったみたい。
  • 助手席で睡魔と戦うカシオレ
    • 基本的に負けてた
  • 留萌で休憩中なんか足首が痛いと言い始めるユルオ
    • OTKにドライバーチェンジ
      • カシオレは助手席から離脱し、寝台へ
  • ここからオロロン高速道路
    • 「気がついたら100でてた」
    • たまに離陸体勢に入ってあそぶ
  • 遠別の手前でキツネが飛び出してくる
    • 危うく轢くところであった
      • 動物こわいよオ
  • 2時頃中川着、ロッジとテントと車中泊組に分かれ、就寝
    • 初めてテントで寝るオザキ
      • 「テントってあったかいんだね、知らなかった」


5日(木)

  • 6時起床
    • ねっむ
  • セコマニアンで買い出し
    • 平日の中川町に行列を作る
  • 道の駅で支度を整え、enrbへ

@enrb
  • GWのときと同じところで駐車し、林道を歩く
    • 暑い
  • ベンッッッの場所を探す
    • 草が茂っていていまいち崖下が見えない
    • 暑い
  • 小さいバッタのような虫が大量に足下で跳ねている
  • あまりの暑さでもう入渓すればよくなーい?と言い始める人たち
  • 入渓点の手前のぬかるみで、ウルススの新しめの足跡をハケーン
    • でかい
    • 向きが進行方向とは逆なので進む
    • また足跡!鹿のもある。俄然ポイポイ祭
  • とんでもない虫の数と暑さがあいまって垣間見える極さ
    • まだ序の口だった
  • ポイント到着後は各々が適当に探すが小竹が居なくなる。
    • 露頭の最上部まで行ってた
    • 最上部はGWでつくった足場のあたりがちょうど日陰で虫も少なくて意外と快適だった
  • それにしても出ない、破片はあるんだけどなー
    • 姐さんは休憩に下りるついでにポテンシャル藪漕ぎによりよさげなノッジュールを確保
  • 想像以上の暑さに水分量に後悔する人続出
    • 水分は大事
  • 休憩&昼食
    • 太陽のぬくもりを感じるほかほかのパンとお湯(麦茶)
    • 2次発酵の進むあんドーナツ
    • 暑すぎて沢に正座する人たち
  • 昼休憩後は半分ぐらいの人が露頭の最上部を目指す
  • 一番乗りは姐さん
  • 身軽さが売りのオザキ
  • 握力が一旦0になるも登りきった板倉さん。偉い!
    • モテ&カシオレによるレディへの半端ない気遣い
    • 板倉さんの為に飲み物を下まで降りて持ってきてくれるカッコいいカシオレ先輩
      • カシオレ先輩は登って寝てた
  • let's 岩盤破壊
    • 削りまくるオザキ。出ない。
      • 日頃の行いの差かな
    • 掘らずに帰るカシオレ
  • 出なさすぎで露頭から落ちた瓦礫が集まるところにオザキは移動
    • したと思ったら、そこそこ大きい落石が脛に直撃したらしくそこそこ大きい唸り声が聞こえる
  • そうこうしているうちに板倉さんが壊れているもののへそのあるメタプラを発見
    • キレイなのが欲しい!メタプラ!!へそ!!
      • 俄然元気になる
      • 巡検右翼の片鱗を見せる板倉さん
  • 時間も時間になってきたので、残念だが引き返すことに
    • メタプラセンチメンタル状態
  • 結果に満足できず、とりあえずノジュールを見つけたら叩く者たち
    • そこそこ満足したけど、とりあえずノジュールを割る者も(病気)
  • それなりに歩くので後半は暇になってくる
    • とりあえず人のザックに枝やらタンポポの綿毛やらを挿す
      • なんか芸術的なカエルがめっちゃこっち見てくる
  • 姐さんはまだまだ元気そう
  • 初巡検の多喜田くんは、虫やら暑さやら採れないやらでかなり辛そうだ
  • キタジマは顔の右側ばかりを虫に刺されて左右非対称アピール
    • アシメントリーキタジマ誕生

@ポンピラ

  • とりあえず喉乾きすぎて直ぐに温泉は危ないので水分補給してから入る
  • 普通にいい湯
  • お腹も空いてきてCMの回鍋肉に目を奪われる一同

@鰭龍

  • ユルオの駐車
    • センス!
  • 当然のごとくシュマの息のかかっているお店
  • めっちゃ旨そう
  • パラ田さん『回鍋肉とライスで!』
  • 辛い飯なるものを「けっこう辛め」で注文する味覚障害者オザキ
    • 食べたけどおいしい辛さだった(by otk)
    • 結局物足りなかったのかラー油を大量にかける味覚障害者

@ロッジ

  • 待ちに待った花火。
    • 一同『あれ、これは楽しいんじゃね?』
    • 大学生っぽい。シュマあるまじき。
  • ここで行方不明だったマットと感動の再開を果たすオザキ
    • バイソンさんが持ってた
  • サ館に置いてあったシュラフを行方不明の自分のの代わりに持ってきているオザキ
    • 匂いより判断。バイソンさんのです。
    • バイソンさんの持ってきてたのと交換
    • シュラフはオザキのでした
  • この場を借りて言わねばならぬことがある
    • そっそーう!そっそーう!!щ(゜▽゜щ)



6日(金)

  • 6時起床
    • ちゃんとみんな起きてきてえらい
  • 水産勢との久しぶりの再会を楽しみつつ、セコマニアンへ
  • 身支度のため道の駅へ向かう
    • 無礼講過ぎる横付けをする大型車2台
  • 簡易申請を済ませ、WUへ
    • 目指すはGKの沢

@WU
  • 噂に聞いてた崩落を華麗に通過し、適当なところに停車、着替える
    • 蚊が多い
  • ちょっとポイントを間違えたかな?と言いつつも崖を下りて本流に入渓
    • 昨日よりマシな崖。余裕っ!
    • さっそくアンモをみつけるカシオレ
  • 川底が見えないのでおそるおそる渡渉
    • 意外と浅い、普通に行ける
    • でも調子に乗ると滑るので注意
  • すこし歩いてGKの沢に到着、巡検開始
    • 蚊がとても多い
  • 前日の虫さされで右の手の甲がパンパンのキタジマ
    • ハンマーが握れない
    • 「とてもつらい」
  • さっそくキャプテンが良いのを出す
  • 上流に進むにつれてぽつぽつ出始める
    • やはり沢での巡検は楽しい
  • 破片とか出たら1年目に委ねてみる流れ
    • 煮るなり焼くなり好きにしていいよ
    • ゆるお『俺も先輩っぽいことしたい』
  • ゆるおの何でも持って帰る精神
  • だんだん蚊にやられてくる一同(肉体的にも精神的にも)
  • 昼食&休憩
    • ※蚊
  • 沢も狭くなってきたので引き返す
  • オザキ「アンモじゃね」
    • オタケ「巻貝だと思いまーす」
      • 巻貝でした
    • これ俺のだからな!
      • ※いらない
  • 蚊がうざすぎて思わず「蚊!!!!」と叫ぶ姐さん
  • 入渓した崖を登ってだっK
    • しかしまだまだ蚊との戦いは続く
  • エンジンをかけたいのに鍵を持ったままオープンエアー学祭に旅立ってしまうユル=ユルオ
    • あられもないところ刺されたりしてないか心配
  • 刺されないために常時走り回るカシオレ
  • 最後にゆる夫をロッジにdepoるとして、先にpnpr行ってから引き返してエコミュに行きまたロッジに戻るのはめんどう
  • というわけでひとまずエコミュへ向かう
    • 車内の蚊の殲滅命令
      • 殺気立つ一同

@エコミュ
  • 恐竜を発掘しつつ1年目にシュマの闇を教える上級生
    • 消したり消されたり
    • 気になる各学年の権力分布
  • 入り口付近の椅子で爆睡する姐さん。序列1位。

@pnpr
  • 水産勢を交えアイスジャンの流れ
    • なっかなか決まらない
  • やはり、新規開拓は難しいらしい

@ロッジ
  • ゆる夫をdepo
  • ゆる夫がノッジュール整理を始める
    • 瞬っ間クリーニーーン♪瞬間クリーニーーン♪
      • 取り囲んで煽る

帰札
  • とりあえず運転手はおたけ
    • 美深のコロッケは無理そうなので普通に帰る
  • 夕食どうしよう
    • オザキ「おい!名寄になんかいい店ないか探せ!」
    • キタジマ「携帯の電池ない」
      • 結局オザキしか探さない
  • 個人経営のリスクを避け、無難にビッグボーイへ

@ビッグボーイ
  • 1ポンドハンバーグが異様に似合うパラ田さん&多喜田くん
    • 1ポンド勢にしかわからないソーストーク
  • あれ?カシオレ、クルトン少なくない?
    • ひとりクルトン極の流れ
  • パラ田さん「デザートって何があるんですか」
    • 当然全種類食べる流れ
  • オザキ「ドレッシング全種類試してみたいけどめんどいな…」
    • 板倉さん「試さなくていいんですか?」
      • 当然全種類食べる流れ
      • わざわざ丁寧に味の解説をしてくれるキャプテン
  • 温かいひまわりの種、オクラ、ヤングコーンなど
    • すぐ遊ぶ
  • シュマに無尽蔵の食物を与えてはいけません

引き続き帰札
  • 旭川でパラ田さんに運転を交代
  • 後続車に進んで追い越しをさせようとする
    • パラ田さん「あざーーっす」
    • しかし、車線変更でウィンカーを出さない車におこ。
    • いや、偶々後ろのそこのライトが切れている可能性も…
      • まぁ、ないでしょうね
  • 赤信号はエンジンブレーキで止まろうとする
    • 早すぎる減速。好きなものは2速。
  • 11時を過ぎここから次第に脱落者が増える
    • 運転席、助手席を中心に話の内容が俄然エグくなる
  • ザキオががんばって包んだオブラートをいとも容易に破くパラ田さん
    • ひどいセクハラ
  • 助手席で眠さの波に度々のまれるオザキ
    • 毎回巡検の夢にうなされる
      • 病気
  • 1時頃札幌着
    • アイシティを案内し続けるしつこいカーナビ
    • 各自を送って解散


総評

たのしい巡検でした


  • 最終更新:2014-06-10 18:45:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード