分類


アンモナイト類(アンモナイト亜綱)は古生代シルル紀後期(葯4.2億年前)から中生代白亜期末(葯0.65億年前)にわたって、世界中の海で繁栄を遂げた。化石は示準化石として多くの地質学者に利用されてきた。

「目」に関して

縫合線と時代分布から行われている(下記参照)。
  • バクトリテス目(古生代デボン紀-中生代三畳紀)
  • ゴニアタイト目(古生代デボン紀-古生代ペルム紀)
  • アナルセステス目(古生代デボン紀)
  • クリメニア目(古生代デボン紀)
  • プロレカニテス目(古生代石炭紀-中生代三畳紀)
  • アンモナイト目(中生代三畳紀-中生代白亜紀)

「科」に関して

ことアンモナイト目に限って言えば、殻の巻き数、巻き方、断面図、へその深さといった材料を元に分類は行われている(北海道で採れる人達参照)。他に関しては筆者はよく知らないので、気が向いた人間が書き込んで欲しい(注:人間でなくても良い)。
      • 参考「生物の化学 遺伝 2006年7月号」


  • 最終更新:2010-09-11 13:47:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード