中川巡検060716

中川巡検

参加者:いわき,しだ,もちづき


集合日は7月15日

  • 入る沢の確認

翌朝

  • 4~5時頃起床。

  • テレビで滝川市にあるレストラン、ラ・ペコラの特集が流れていたので視聴。

出発


  • 行き先はニオ川。

  • まずは林道をひたすら歩く。

  • 沢到着。早速まとわりつく蚊に辟易しつつもちづきの案内で上流を目指す。

  • ノジュールは結構転がっていたけれど割られているものが多い。雌型を見るたび込み上げるやるせない思い。

  • 12時頃昼食をとる。ここまでくると大分川幅が狭くなり、伸び放題の草木と相まってかなり鬱蒼とした雰囲気に。

  • 昼食後もさらに上流を目指して進む。蚊がひどい。

  • 唐突に発見。

  • がけ崩れ?の音。上流から流れてくる水が濁る。

  • 予定では上流にあるという露頭まで行く予定だったが、しゃれにならないので引き返す。

  • 下流にある支流へ。

  • イノセラムスを探したりアンモナイトを探したり。

  • 沢を下る。17時ごろ車に到着。

その後


  • 温泉で休憩。もちづきはまだ中川に留まるためここでお別れ。寝床とガイドと身の危険を感じる程のスリルを有難う。

  • 眠気覚ましを買い込んで、20時過ぎに中川を出発。

  • じわじわと体を蝕む蚊に刺された部分の痒さ。

  • 1:30頃札幌に到着。しだくん、ドライバーお疲れ様でした。


コメント

>収穫、羨ましいぞ!!(えひめ)

>とりあえず,収穫はクビナガリュウの肋骨と鰭の骨.中川の博物館に保管とクリーニングを依頼済みです.ちなみに翌日同じ沢に入った所,みごとに土砂崩れでつぶされていました.笑えない.(oanus)

>ある意味ギリギリセーフだったんですね。クビナガの執念なのかそれとも呪いなのか。熊が突進してきたかと思うあの音は二度と聞きたくありませんが。。。無事でよかったです。もちづきさんありがとうございました(しだ)

  • 最終更新:2010-09-11 12:21:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード