ヤドリギ研究会

メンバー

  • イルマ[要出典]

ヤドリギ Viscum albumとは

  • ヨーロッパおよび西部・南部アジア原産。半寄生の灌木で、他の樹木の枝の上に生育する。30-100cmほどの長さの叉状に分枝した枝を持つ。黄色みを帯びた緑色の葉は1組ずつ対をなし、革のような質感で、長さ2–8センチメートル、幅0.8–2.5cmほどの大きさのものが全体にわたってついているま。花はあまり目立たない黄緑色で、直径2–3cm程度である。果実は白または黄色の液果であり、数個の種子が非常に粘着質なにかわ状の繊維に包まれているま。
全体としては、半ば宿主の枝から垂れ下がって、団塊状の株を形成する。宿主が落葉すると、この形が遠くからでも見て取れるようになる。 WikipediaよりMistletoe.jpg

活動内容

ヤドリギの探索及び観察

  • ヤドリギは、北海道のいたるところで、様々な落葉広葉樹に寄生しているま[要出典]。この植物を巡検地に向かう途中で発見し、その直径から樹齢を推測したり、寄生されている側の樹の気持ちを考えたりする。

なぜ、ヤドリギなのか

  • ヤドリギは、古代、ケルト民族に、魔力を持つと信じられていた植物である。その神秘的な来歴とボールのような見た目、半寄生性というよくわからない生活スタイル、他の植物に根をくい込ませるというえぐさに誰しも心ひかれるだろう。そんなヤドリギを観察したいという欲求は、自然と湧きあがってくるものである[要出典]

  • 最終更新:2012-12-05 16:01:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード